4.ダンボールを集めよう

4.ダンボールを集めよう

ダンボールはどう集める? 個人?業者?どっちがいいの?

4.ダンボールを集めよう

引越しが決まって後、荷造りで使うダンボールですが、これは業者さんにもらう方法と自分で用意する方法があります。
しかし、業者によっては有料、無料と対応が違うところがあります。

 

例)

アート引越しセンター


ダンボールなどの資材は有料で販売しています。
ご自分でご用意できない場合はご依頼いただければ手配いたします。

 

サカイ引越センター


ご契約いただいた際に『最高50箱(大小2種類)』まで無料でお渡ししております。
(使用車両によって数量は異なります)
またハンガーケースも『5箱まで無料でリース』いたしております。

 

でも・・・実際はどの業者もちゃんと基本料金に入れているんです。
なので、無料と謳っている業者でもダンボールはこちらで用意すると伝えれば、その分は安くなります。
その際は、一括見積もりサイトなどで見積もった後に他社の価格とダンボールの有無を交渉するといいですね!

 

 

自分で用意する方法

 

  • 自宅に前からあったものを使う。
  • スーパーやコンビにでもらう。
  • 職場でもらう。

 

大体これくらいではないでしょうか?

 

私の経験ですが、家にあるダンボールは数も少なくほとんどが小さいものでした。
そこで、近くのスーパーでもらったのですが、長く放置されていて、少し湿っていたのや、魚や食べ物のニオイがついているものもありました。


結局、業者にお願いした分とダンボール業者から引越し用のダンボールを購入しました。引越し後は、処分せず乾燥剤と一緒に保管しています。

 

業者の扱うダンボールは作りがしっかりしてますし、食器、衣類など用途ごとに、どのダンボールを使えばいいか熟知しています。


気持ちの良い新生活のスタートをきりたいのであれば、やはり業者さんにお任せをオススメします!

ダンボールの相談も出来ます!

 

4.ダンボールを集めよう

 

私の過去の引越しで、複数の引越し業者から見積もりを出した時、5万の差が出たこともありました!

 

私が利用したのは、「引越し価格ガイド」です。
テレビCMでおなじみの大手引越し業者から、地域に密着した業者まで全国200社以上と提携しています。

 

同時に10社からの見積もり料金の相場を知ることが出来ます!
ピッタリの引越し業者が見つかりますよ!

4.ダンボールを集めよう

 

kousiki

 

ホーム RSS購読 サイトマップ